正直な美容室

泉南の美容室

 granir(グラニーレ)は「正直」です

 

ホントのことをいかに伝えるか?

 

本当のことを伝えるために、ハッキリと真髄をついてお話する場合があります。

たまに「えっーーーー!」っていう顔をされますが...

 

オブラートに包んでお話して、

伝わればいいのですが、伝わらないと意味がないので。(悪しからず。。。)

 

ウソをつかないために、

本当のことを、ありのままにお伝えする必要があり、

それを望んでいるお客様が多数いらっしゃるということなんです。

 

といいつつ、のんびりした性格なんですけどね.....

 

 

正直言って、美容師は・・・

 

気づいている方も多いかと思いますが、

はっきり言って、本当のことを言う人は少ないです。

 

 

似合わないだろうなぁ...

でも、お客様がしたいって言ってるし...

 

出来ないことを出来ると言う。

1、(黒染めされた髪を、カラー剤で明るく出来ますよ...)

2、(縮毛矯正毛でも、パーマ出来ますよ...)

3、(このカラーは、このパーマは、この縮毛矯正は、傷みませんよ...)

などなど・・・

 

ちなみに、

1、黒染めされた髪は、通常のカラー剤では明るくなりません。カラー剤は髪のメラニン色素をぬくことは出来ますが、染料を抜くことは出来ません。ブリーチ剤が必要です。

2、縮毛矯正のヘビーユーザーは髪のタンパク質が焦げて硬くなった状態なので、タンパク質に作用するパーマ剤は効果がでません。

3、間違いなく傷みます。この世に傷まない薬剤なんて存在しないからです。

 

 

そして、

あとで「あんなの出来ないよ!」な〜んて愚痴が出る。

 

施術する前に、しっかりお伝えしておけばいいだけなんですけどね。

 

でも、

お客様の言うことを聞かないと...

お店の方針だから...

断ると失客になる...

 

美容師もいろんなしがらみの中、不自由なんです。。

 

 

私は、そういうの「辞〜めた」んで、

グラニーレでは本当のことしか言いません。

 

似合わないものは似合わないですし、

出来ないことは出来ません。

 

なので、

グラニーレは、モデルさんのようなヘアデザインを売っているお店ではありません。

 

 

美容室ジプシー(美容室を転々と渡り歩く)の方々が、

色々な施術をされ、見るも無惨な髪になりご来店される...

モデルさんのようなデザインを希望されたのか?

はたまた美容師側のエゴなのか?

 

 

現状の認識と現実の受け入れ。

これが、素材を輝かせる第一歩だと思います。

なかなかこれを受け入れられる方が少ないのも現実なのですが・・・

 

こういったことをしっかり説明させていただき、将来なりたいイメージ像を一緒に確認しながら、今すべきことは何なのかを共有し施術に入らせていただくという覚悟です。

 

 

 

こ〜んな思いがあり、

グラニーレは正直にお客様と向き合います。

 

 

images

→ 過度な接客・安売りはしません

→ グラニーレの技術

→ グラニーレってどんな美容室?
→ 正直な美容室グラニーレ

 

 

ご予約はこちら

→ 072−493−7191

(ヘッドエステ中などはお電話に出れない場合があります。)

 

LINEからもご予約・ご相談ができます。

友だち追加数

 

granireのSNSで最新の情報をお知らせしています。

Facebookはこちら
http://www.facabook.com/granire

Twitterはこちら
http://www.twitter.com/chiBihige_

Instagramはこちら
http://www.instagram.com/chibihige_granire

LINEはこちら

友だち追加数