blog

泉南の美容室

グラニーレは「オーガニック」取扱美容室です

 

 

 

『オーガニック』の定義

 

年々増す「オーガニック」指向ですが、「オーガニック」っていったい何?っとお思いの方が多いかと・・・

ここでまず、定義を!

 

オーガニックとは有機栽培の意味で、化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法のコト。

  • 3年間農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培
  • 化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
  • 遺伝子組み換え原材料は使用しない
  • 放射線照射はしない
  • 合成添加物の使用制限  など

 

オーガニック認定機関

IMG_1964

 

こんな定義があって、認定機関を通りオーガニックと呼べるのです。

 

ただ、最近「なんちゃってオーガニック」なるものが世の中に出回り、一般消費者を迷わせいる現状もあります。

というのは、

「100%化学製品の製品」に0.00000001%のオーガニック成分を配合しただけで「オーガニック製品」として販売できるからなんです。。。

 

『無添加』は安全か?

 

日本と世界の「無添加」基準

化粧品に使用することが出来る成分は7000種類。しかし、表示が義務づけられた「指定成分」は102種

化学成分をたっぷり使用していても、この102種を避ければ『無添加化粧品』となっているのが日本。

ヨーロッパでは約5000種、アメリカは約800種。。。。

無添加基準に関しては、世界基準ではないのです。

 

【現状】

「無添加」=「安全」ではない

「無添加ではない」=「危険」ともいえない

といった感じです。

 

 

そんなこんなを踏まえ、グラニーレでは「安心」のオーガニック製品を探し、導入しました。

images

 

 

89%自然由来の成分で出来たカラー剤をはじめ、パーマ剤、ヘアケア剤と幅広いラインナップ。

 

 

「オーガニック製品」って何にいいの?

 

  • 髪や頭皮にやさしい
  • 自然由来成分で安心
  • 髪にツヤが出る
  • 手触りがいい

など・・・

しかしながら、自然由来成分のみでは限界があることは確かです。

 

それを差し引いても、「オーガニック」がいい理由があります。

  • エコロジー(生分解性に優れているので、生態系を崩さない)
  • 社会貢献(エッセンシティ1本につき、1KgのCO2を削減)

という環境に配慮した製品なのです。

 

 

間違いなく、

コレからの時代「ノンシリコン」→『オーガニック』へと移っていくでしょう。

 

 

21.5世紀ヘアカラー私と地球の未来を、美しく。

 

 

グラニーレが選んだ、

エッセンシティグリーンブランド。