blog

「THROWジャーナル投稿の未公開ブログ」

 

こんにちは。

JR和泉砂川駅すぐ!泉南で丁寧さがわかる唯一の小さな親切美容室 hair doc. granire(グラニーレ) 072−493−7191 で大人女性の髪のお悩み癒し中!

おひげがトレードマーク。
あなたの髪の主治医。

大人再生ヘルパーの chiBihige(ちびひげ)です。

アイコン

友だち追加数

 

 

 

「THROWジャーナル投稿の未公開ブログ」

 

 

 

「シックな大人のアッシュ」

昨日の記事の未公開版をお送りします。

 

っていうか、昨日のが全国ネットで、これが超ローカルネットですww

 

 

 

IMG_9411

前回から約1ヶ月。

さほど退色も気にならないレベルだったのですが、やはりヘアカラーのクオリティーは繰り返しです。

 

そしてこの写真。実はトリックが隠されています。

 

わかりますか?

 

私の好きな”ノーバング”のスタイルに見えるでしょ?

本当は、眉ぐらいの前髪があるんですよね〜

 

そんなことはどうでもいいです。

 

 

 

ちょっと雰囲気を変えてみたいなぁ〜ってことで、問答無用でカットし、独断と偏見でカラーしました。

 

カラーは、彩度の高い”Blue” + 彩度高めな”マット”。

彩度=色の鮮やかさ。マット=緑。

 

簡単に言うと、鮮やかな青緑です。

 

なかなか怖い調合ですよww

 

そんな怖い調合には”パッツンバング”

 

 

でもね・・・・

IMG_0214

彩度・・・高くないでしょ?

 

IMG_0216

光によって柔らかく透明感すら感じる「大人のアッシュ」

(染める前のアンダートーンによって変わります)

 

IMG_0218

影になるとこんな感じ。

ダークトーンもこんな雰囲気だとカッコイイ。

 

IMG_0219

パッツンバングにストレートロング。ダークトーンの大人アッシュ。

これが、

オトナシック(シックな大人)

 

 

退色してくるとまたこれがキレイなんですよね〜

 

 

こんな思い切った調合もヘアカラーの醍醐味でもあります。ロートーンでも透明感を出していく方法もあります。(1回では不可能です)

特に白髪染めの方は「できるだけ明るく染めたい」と思っておられる方も多いです。ただ、明るいだけでは出せない深み、品、そんなヘアカラーを目指されてもいいかもしれませんよ。

 

明るくないけど「透明感」。そんなクオリティーを作るためには、積み重ねていくこと。退色してしまう前に染める。これしかありません。

退色しきってしまうまで約2ヶ月です。

クオリティーの高いヘアカラーを作っていくには、1ヶ月以内に色を重ね続けることで作られます。

 

IMG_0215

また6月中頃に、さらなるクオリティの高いヘアカラーにどんどん仕上げていきたいと思います。

 

 

 

 

 

IMG_0217

#Otonachic

 

 

 

 

 

 

内装源

旅のオアシス

hair doc. granire 072-493-7191

 

ご予約・ご相談はLINEにて

友だち追加数