blog

泉南の美容室

granireグラニーレのカットは「素材に対して自然体」です

 

 

突然ですが、

カットをしないって人いますか?

 

は〜い!

って答えた人は、ギネスか何かに挑戦してる人でしょうね。。(笑)

 

そう、みんなします!(美容室でするのか、自分でするのかの違いはありますが...)

 

 

カットで髪質を変えたり、クセをなくしたりすることは出来ません。(残念ながら)

 

しかし、カットはすべてのデザインのベースとなるものなので、非常に重要な技術です。

なので、雑なカットは再現性が悪くデザインを悪化させます。

 

 

私は、美容師の技術でカットが1番好きです!

 

 

デザインは、素材の影響をすごく受けます。

しかし、素材の良い方というのは、ほんの数%です。

大部分の方は素材に何かしら、デザインに影響する特徴をお持ちです。(クセがある・ない、硬い・柔らかい、太い・細い...)

 

その特徴をどうしていくのか?

それが、町の美容師のレベルなのではないでしょうか?

 

なので、一番にこだわっています。

 

似合うかどうかは、あなたの好みなので...私のカット技術が好きか?嫌いか ?決めるのはあなたです。

 

ただ、

丁寧に、素材に合わせた切り方に関しては、おそらく泉州一だと思っています。

 

 

 

グラニーレのカットはドライでします

 

未だウェット(髪が濡れた状態)でカットする美容室が多いようです。

もちろん、寝グセやくくりグセがひどい、素材的に濡れた状態を確認しないといけない場合は一度濡らします。

 

ドライカットならスタイルのもちがいい!とも思っていません。

 

だったら何故ドライなの?

ですよね・・・

 

ただ、素材に対して自然にハサミを入れることが出来るからです。

生えグセは?

どこからうねってる?

毛先何cmがダメージ?

このような素材の状態を、部分部分で確認しながらカットしていきます。

 

そして、

ベースカット(形をつくる)とセニングカット(スキ)を同時に行っていきますので、

お客様もカットしている間、仕上がりのイメージを持って頂きやすいです。

 

 

シルエット

 

これはすごく重要ですよね。

直接デザインのもちにつながりますから。

 

シルエットは、ベースカットとスキカットの両方が絶妙のマッチングで作り上げていきます。

 

ベースカット

これは形そのものをつくる、いわば骨格です。

1cm違うだけでシルエットは大きく変わります。1cm違うだけでハネちゃったり、逆にまとまったりします。

 

今回のスタイルは、やけにハネる...

なんかカクカクしてる...(スフィンクスみたい...)

 

って思ったことないですか?

もちろん素材によるものが多いですが、カットによって何とかなることもあります。

 

ここを意識的にカットが出来る美容師は数少ないです。

 

髪の切り口・・・

髪を拾い上げ、ハサミでカットしますよね。そのとき、多くの美容師はそのまま直線的にカットします。全頭その調子です...

しかし、それでは頭の球体や素材に対してイビツなシルエットに仕上がります。

 

グラニーレでは、

この頭の球体や素材にそって曲線に切っていくことで、その人が持つ自然なシルエットを創りだします。

 

こういったことを理解した上でカットすることが重要だと考えます。

 

 

スキカット

美容師の中でも、「すいて下さい。」「はいはい〜」て簡単にする人は少なくありません。

私からすると、恐ろしい光景です...

 

なぜなら、

 

スキカットはデザインとともに、お客様がご自宅で再現できるかできないかの重要な技術だからです。

 

すいてもらったらハネてきた...

スッカスカになっちゃった...

って経験のある方多いんじゃないでしょうか?だから、たまにお客様で「すかないで下さい!」とおっしゃられる方がいます。

よほど、すくことへトラウマがあるようです。

 

でも、それって単純にカットが上手じゃなかっただけですよ(笑)

 

日本人の素材からみると、全くすかないで出来るデザインってあるの?って私が聞きたいぐらいです。

もし、すかないでつくったとしても、ご自宅でスタイリングにベラボウな時間を費やすことになります。

 

いろんな方の髪を見させていたきますが、ベースカットをごまかすためにすいているカットが多い気がします。(それだけベースカットが上手じゃないってことです)

 

スキカットは、単純に軽くするためやごまかすための技術ではありません。

 

髪のおさまり、束感、更には動きをつけやすくするための卓越した技術の上に成り立っているのです。

 

 

カットアイテム

chiBihige カーブシザー

IMG_1842

私のマストな1丁!

刃先がギュイーンって反ってます(笑)

ベースカット・スキカット両方に使います。これ1丁で仕上げることも多いです。

刃の根元から中間部分までは髪が逃げていき、刃先は逃げません。(一般の方には難しいですよね...)髪の束感をつくりながらすいていくことができます。

まとまりをつけ髪をおさめたり、逆に動きをつけたりとドライカットにおいて万能のはたらきをしてくれます。

 

chiBihige ナチュラルシザー

IMG_1843

シザーよりのセニング。

通常のシザーのように使いますが、切り口がとてもナチュラルに仕上がります。特にショートの方や毛先の調節に使います。

 

chiBihige セニングシザー

IMG_1844

キラキラしてるでしょ!

そして、小ちゃい...私サイズです(笑)

冗談はさておき、無駄な力をかけずに狙ったところをピンポイントですくためです。

棒刃も髪にやさしくストレスフリーな1丁です。

 

chiBihige ラインシザー

IMG_1845

おっ!普通だ。。。

そうです、オーソドックスなライン出しシザーです。

シルエットのアウトラインを揃えたりする時の1丁です。

 

 

chiBihige オリジナルの愛すべきフルオーダーカスタムシザーとともに生み出される、丁寧で繊細なカット技術 を体感してみて下さい。

 

 

1度体感してみたい方は

ご予約→ 072−493−7191

 

その他の技術たち↓↓

→ カットのコト

→ カラーのコト

→ パーマのコト

→ ストレートのコト

→ 髪ケアのコト

→ 頭皮ケアのコト

→ 育毛ケアのコト

→ 技術について

 

 

旅のオアシス hair doc.  granire(グラニーレ)

大人再生ヘルパー chiBihige(チビヒゲ)

 

グラニーレの facebook はこちら↓

bnr_facebook

いいね! シェア ポチっと押して頂けると非常に喜びます(笑)